FC2ブログ





『呟き…』




『呟き…』



呟きなんで、ハッキリ覚えていないことだがw書いておこうと思う。

この1ヶ月の間に何かの番組で聞いた言葉をふと思い出した。


1:1:8 という法則


1の善人

1の悪人

8の日和見主義



全世界どこへいってもこの比率は適合すると発言していた。





更に、1の悪人よりも8の日和見主義の人間が問題なのだと。







私の感想は、それこそが絶対多数(世論)なのだと感じました。


記憶が曖昧なんで検索してみたが、該当がなかった…


とりあえず、私は日和見主義にはなりたくないなと(笑)







俗世間に流されちゃうと…



日和見主義になりますよ!





自分を見つめなおし個を磨きましょう。


        Мirai

2019年05月25日 21:18
[ 2019/05/25 21:18 ] ■ Diary | TB(0) | CM(0)

『けたたましい音…。』




『けたたましい音…。』


この和歌山県の山奥に引っ越してきてから

特に深夜(01時頃~04時辺りまで)に

戦闘機のような空を切り裂くような騒音。

航空機の低空飛行の音が凄まじく

近所のご老人数人に尋ねてみたが、

ご老人なので耳が遠く寝ていて気付かないようだ。

頻繁に往来している時と静かな時の差は明らかに大きい。


本来ならば、深夜の山奥で感じる音は、

鹿の鳴き声やフクロウの鳴き声などの動物の出す音か

風の音や雨音や雷鳴などの

自然の音だけしかしない静寂だけしかありません。



検索をしてみると…

やはり航空機の騒音の苦情があるるようだ。

リンクを貼っておきます。

和歌山県 総務部 危機管理局 危機管理・消防課

https://www.pref.wakayama.lg.jp/
prefg/011600/soumu/kikikanri/mokugeki.html



念のためスクリーンショット
和歌山県 総務部 危機管理局



グーグル検索すると全国的に苦情が相次いでいるようだった。



ん~嫌な感じよな…


睡眠妨害はよろしくない!


        Мirai

2019年05月23日 13:33


追伸:

空を眺めるのが私の趣味なのですが、

ここ一か月あたり雲の形状が変な感じです。


特に、この一週間ほど雲行きが怪しい…。

見たことがないような雲の形状です。

何も無ければ良いのだが…。


もう一つ、確か(記憶が定かではなくてすみません)

2019年05月18日(土) 02時30分前後に

地盤がずれたような音と響きを全身で感じました。

地震で検索をしてもありませんでした。

ほんの1秒くらいでしたが、確かに地面が動きました。

本能的に直感が鋭いので、

深夜で就寝中でも数秒前に目覚めるんです私…。


『Southwest sky』(南西の空)

May. 22th 2019, 9:00am(2019年5月22日 午前9時)

Sauthwest sky


(山奥の自宅前)




【追記】(何気に怖い気がするので体感したら書いておきます。)


・2019/05/18 02:30(前後)
 [地鳴りのような(地盤がズレたような)体感]
 [震度1未満] (1秒未満)
  [地震情報無し]



・2019/05/24 13:25
  [横揺れ(微弱)]
  [震度1未満]  (1秒未満)
  [令和 元年 5月24日13時28分 気象庁発表
 24日13時25分ころ、地震がありました。
 震源地は、奈良県(北緯34.1度、東経135.6度)で、
 震源の深さは約60km、
 地震の規模(マグニチュード)は3.8と推定されます。
 この地震による津波の心配はありません。
 この地震により観測された最大震度は1です。]


[ 2019/05/23 13:33 ] ■ under the sun | TB(0) | CM(0)

『Twitter』


Twitter/Мirai@emptinessflow

https://twitter.com/emptinessflow/


写真投稿しています♪

気が向いたらどうぞ(*´꒳`*)



[ 2019/05/20 09:30 ] ■ Twitter | TB(0) | CM(0)

『+と-』(プラスとマイナス)




『+と-』(プラスとマイナス)


昨日は、価値観とか精神力と離れて(笑)私とは大違いのとても賢い方のサイトを見て勉強していた。
何年振りに訪れただろうか…5年以上は見てなかったが、まだ継続してくれていてとても嬉しかった。
奴隷貿易関係の記事が興味深かった。奥深くて考えさせられた。

今現在私は、 blog には書いていないが、世界情勢が一番気になっている。地球変動や民族紛争や○○離脱問題など…。

前回、私がそうではないと強調した部分、霊(神、スピリチュアル系、妄想、非現実的要素など)的な話は全く興味が無いのでどうでもよい。


地球という星は、地殻、マントル、核の成分から磁力の影響があるので、様々な現象があるのではないか?その程度で私は充分です。

そういう事象に興味を持つ方もいらっしゃるだろうから興味のある方に任せておきます。


私は、現実的な問題や背景に何があって現在に至ったのか、この美しい星の成り立ち、後は、精神的な部分その辺りが興味があります。

なので、今後、霊(神、スピリチュアル系、妄想、非現実的要素など)的な話を私に振らないで頂きたい。よろしくお願いします。

妄信や盲信や狂信という言葉の意味を考えてみる事。私は、とても危険だと考えます。



13歳頃に読んだ書物の中にとても印象的な言葉がありました。運命を変える方法は、自分が嫌だと感じた方向に選択し進みなさい。という言葉。好ましい方向に進めば、何一つ変わらないという事になるね。





最後に、病状について、私の実体験から、霊(神、スピリチュアル系、妄想、非現実的要素など)的な事に何ひとつ縋ってはいませんが、病気はほぼ治っています。

あらゆる努力はしました。食事や運動。何を取り入れ何を止めるのか、最大限の努力それだけでした。

取り込む(+)ばかりでは治らない。止める事(-)も必要でした。ここが最大のヒントになります。


+に於いて、付け加えるならば、人間というのは耐性が出来てしまうという事も重要です。服薬していても効果が効かなくなり次第に数が増えていく事も耐性が出来てしまうからです。

同じモノばかりの+では効果が薄らぐということも念頭に置いてください。だから私は、これだと特定して主張しないのです。

人間は限りなく順応性がある。何事も臨機応変です。偏る事が危険だという事も同じ。


飽くまでも主観ですが、生きる事に於いても、同じではないか?そう考えています。

+と-の均衡(バランス)。







追伸として:

持論ですが、

先ず、初めに強くなりたいと望まなければ、強くはなれない。

望む事に他の力を加えても何の影響力も無い。あるとするならば、一過性の効果でしょう。

それは、自分だけが信じているだけだという事で、それが免疫に作用した。いわゆるプラシーボ効果的なモノだけだと私は考える。気持ちが薄れたり止めたら効果が無くなるでしょ?その程度だと考えますが…。

過去記事 … m e m o…  に書いてあるドストエフスキーの言葉の

… … … … … … … … … … … … … … … … … … … …
【フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフスキー】


『あらゆる堕落の中で最も軽蔑すべきものは、他人の首にぶらさがることだ。』
… … … … … … … … … … … … … … … … … … … …

ここ [ ↑ ] に通ずる話になります。

自分では無い他(神的なモノや思想やあらゆるもの)に依存する事が軽蔑することだ。と私は解釈しています。

もっと理解しやすい言葉で表現するならば、

借りモノはいつまでも借りモノでしかない。借りモノ以上にはならないという事。



加える(+)とするならば、自分自身の底力。最大限の恒常的努力を!

無駄なモノは引き算(-)しましょう。

経験上、引き算が出来ないと強くはなれない。



暫く、記事の更新が滞るかも知れません(笑)

気まぐれ者なので…

それでは、また♪



           Мirai


 2019年02月23日 10:30 (同年同日22:15 加筆修正)
[ 2019/02/23 10:30 ] ■ Diary | TB(0) | CM(0)

『現実的なおはなし』




『現実的なおはなし』



もう少し考えを熟成させてから書こうかと思ったが、


とある発言から…


どうしても気になるので書きますね。




前回、文末で『目に見えるモノだろうか?』と書いた対極にあるものは、


『目に見えないモノ』になります。





私は、現実的な人間なので、非現実的な物事を言っているのでは無い。


非現実的というのは、


幽霊やあの世や死後の世界や輪廻転生や現実逃避的な妄想などでは無いという事。




私の発言した言葉の対極にあるものは『個』である。個性的な個です。


打たれ強さや我慢強さや精神力などの価値観であり、妄想ではありません。





現実逃避が私は嫌いです。これは、主観であって正当性はありません。


現実逃避の延長にあるもの…考えたりしませんか?


時には、現実逃避も必要な場合もあるでしょう。


現実逃避で心の均衡を保つ場合もあるでしょう。





これは、私が正しいと言っている訳ではありません。


飽くまでも例えですが、


見た事はありませんか?考えた事はありませんか?


殺人犯が『神が殺せと命令した』と『誰かが殺せと命令した』と…


これは、超現実逃避で非現実的なのではありませんか?



これは、主観であって正当性はありません。



ですが…限りなく危険を含んでいる考え方を私は受け入れられない。





確実性で主張するならば、


もしも私の祖母が、自分の魂の徳を積むために草引きをしていると発言していたならば、


私は祖母を尊敬しなかった。恐らく、軽蔑していました。



彼女は、一寸の澱みも無く『人さまのために』と発言したから尊敬したのです。



自分の魂のためではなく人さまのためにした行い。だから尊いと感じました。





目に見えないモノとは、現実的に生きる力となる個です。




時には、現実逃避も必要な場合もあるでしょう。


現実逃避で心の均衡を保つ場合もあるでしょう。


だけど、程々に楽しむ程度にとどめてください。





もう一度、言います。



目に見えないモノとは、


現実的に生きる力となる個であり、


我慢強さであり、精神力であり、生き抜く強さです。





Мirai


2019年02月21日 22:50
[ 2019/02/21 22:50 ] ■ Diary | TB(0) | CM(0)